自由診療は値段が高い!ここではバイアグラがどれほど高価な物なのかを説明します

病院処方価格の相場

ED治療薬を処方する医師

現在の日本ではED治療薬を購入するためには医師から処方してもらう必要があります。
そのため、ED治療の専門外来を設けている病院も増えてきましたが、実際に病院でED治療薬を処方してもらう際に掛かる費用がどのくらいのものか不明な方も多いかと思われます。

一般的な病院・専門外来などでは、まず初診料として平均3,000円ほどが請求され、その他にも何度か通院を必要とする場合には再診料として同額近い料金が請求されます。
さらに、病院へ通うための交通費はもちろんご自身で負担する必要があり、すでに5,000円以上の料金が薬の料金を支払う前に加算されているわけです。

多くの病院で処方されるバイアグラを例にあげますと、1錠あたり約1,500円で処方されており、これら全ての料金を合計すると非常に高額な料金となってしまいます。

なぜここまで病院のバイアグラ処方が高額かと申しますと、風邪や怪我などで病院を訪れた時とは違い「保険が効かない」という点にあります。
そのため、一度きりのバイアグラを処方してもらうためには、毎回ご自分の実費で負担する必要があり、ほとんどの方が満足のいくED治療を行うことができずに諦めてしまいます。

そこで昨今では、個人輸入を利用してバイアグラやレビトラ通販などでED治療薬だけを購入される方も少なくありません。
個人輸入であれば医師の処方が必要なく、薬の料金のみで同じ治療が可能なため、料金を安く抑えたいという方にとっては人気の購入方法となっています。

ページトップへ